韓流・華流日誌

筆者がこれまで観てきた韓国ドラマや中国ドラマなどについて個人的な感想をつれづれにつづるサイトです。基本的に批評というよりは、面白い韓国ドラマ、面白い中国ドラマについて韓流愛、華流愛をぶちまける感じになると思います。

【韓流】アスダル年代記 感想

アスダル年代記【★★★★★】

 

古代の、国家すらまだなかった時代のお話です。

いやいや、そんなん面白いわけないでしょ!

って思いながら見て、

やられました。超ハマりました。

なんだこれめっちゃ面白い~!!!

 

早くシーズン2が見たいです。

あの終わり方は絶対あるはず。

 

ちなみに、面白くなるのは3話くらいからです。

1話、2話はドラマの世界観や設定を理解するためには必要ですが、

面白いかと言われると「?}です。

でも、3話以降、急速に面白くなっていきます。

 

ただ、正直3話以降も、途中までは、

「主人公が、連れ去られた仲間と好きな人を救出してハッピーエンド、はいチャンチャン♪」

みたいな、ありきたりのストーリーを予想しながら観ていました。

 

 

というのも、この物語には、独特な設定がいくつも出てくるのですが、

主人公を特徴づける一つの設定として、以下のような設定があるんです。

"人類には2種類の種族がいて、

一つは「サラム」といういわゆる普通の人間、

もう一つは「ネアンタル」という青い血をもった、とにかく超人級に強い人類。

サラムとネアンタルは交わることができ、

その混血は紫色の血を持ち、サラムよりかなり強いが、ネアンタルよりは弱い。

この血が紫色の人間は、サラムからは「イグトゥ」という蔑称で呼ばれている。

主人公ウンソン(ソン・ジュンギ)はこの「イグトゥ」なので、

血が紫色。めちゃめちゃ強いうえ、なぜか頭も良い。"

 

とまあこういう設定なので、

このドラマは、主人公がその身体能力と頭脳を活かして、敵を駆逐して仲間を助ける!みたいなヒーロー物語かなと。

そう思ったんです。

 

ところが!

なんか物語がどんどん複雑になっていくではありませんか。

 

主人公の思惑とは違う方向にどんどん物語が進んでいってしまう様が、

「え?どうなるの?」と続きが気になってしまい、

もうどうにも止まらなくなってしまいました。笑

 

一気見派(次回を待てないタイプ)の筆者としては、

シーズン1を最後まで観て、

「えー!?続きがあるんかい!orz」となってしまったほど。

 

予想外にめちゃくちゃ面白い作品なので、

韓国ドラマファンにはぜひ見てほしい作品です。

 

このドラマはNetflixで観ることができます☆

 

【韓流】ヴィンチェンツォ 感想

ヴィンチェンツォ 【★★★★★】

 

このドラマ、めっちゃ面白かったです!

超おすすめの韓国ドラマです。

 

引くほど残酷なシーンがあったり、

悪が悪を成敗するという、ちょっとアウトローな感じもあって、

筆者としては全て丸ごと大好き!という作品ではないですが、

でも、

物語としては本当に面白かった^^

 

重めの題材だし、ヴィジュアルも重厚なのに、

シリアス一辺倒にならず、

ちょくちょく挟まれるコミカルな表現がとても面白くて、

悪魔のような所業を行う主人公に親近感を持たせるのに

とても効果的に作用しているなぁと思いました。

 

主演は美しい顔立ちのソン・ジュンギさん。

この人は顔もスタイルも声もパーフェクトな美しさですよね^^

筆者としてはこの方の声がめちゃくちゃ好きです^^;

ドラマではイタリアマフィアの顧問弁護士(要はマフィアらしい)という設定です。

早々にドラマの舞台が韓国に移るので、この設定要るの?

と思ったりもしましたが、巨大な悪と戦うための特別感のある謎めいた設定が必要なのかな?と割り切って楽しむことにしました。笑

 

ヒロインはチョン・ヨピンさんと言う方。

筆者はこの方初めて見ました。

とびぬけて美人さんと言うわけではないかもしれませんが、

なんか不思議な魅力のある役者さんだなと思いました。

 

そして結構衝撃だったのは悪役のテギョンとキム・ヨジンさん。

これまで筆者が観てきた韓国ドラマでは、

このお二方は主役もしくは主役に寄り添う系の善キャラの印象が強かったのですが、

このドラマでは残忍すぎる悪キャラとして登場します。

ド迫力です。

 

もちろんこのほかのキャラ達も素晴らしく面白いです。

特に、主演二人の取り巻きのサブキャラ達が、

ヘタレキャラかと思いきや実は必殺仕事人級のスゴ腕の持ち主たちだった

という設定はオモシロイです。笑

 

とにもかくにもとても面白いドラマなので、

是非観てほしい作品です。

 

Netflixで観ることができます。

【華流】おすすめの中国・台湾ドラマ 2021年5月版

以前にもおすすめの華流ドラマ一覧の記事を書きましたが、

あれからしばらくたって、もうゴールデンウィーク

早いですね~。

その間筆者はいくつかドラマを観終わりまして、

おすすめリストに追加したい!

という作品がいくつかでてきましたので、

おすすめの華流ドラマリストを更新したいと思います!

 

長い休みを利用してドラマ一気見したい!

という方の参考になればと思います^^

 

 

絶対絶対おすすめ!みんなに観てほしいドラマTOP3

1位 月に咲く花の如く

清朝末期に生きた女商人が主人公の物語。

これだけ聞くと地味かな~?という印象を受けるのですが、

いやいやいやいや、観始めたら止まらなくなります。

中国ドラマはスロースターターのものが多いですが、

このドラマは1話から面白いです。

悲劇あり、裏切りあり、サスペンスあり、ロマンスあり、権力闘争あり…

70話以上ありますが、全然長く感じません。

むしろ終わってほしくないと思いました。笑

このドラマは本当に見てほしい。

2位 瑯揶榜~麒麟の才子風雲を起こす~

逆賊の汚名を着せられて殺された家族の復讐と名誉回復を果たすため、

顔と名前を変えて舞い戻った主人公が、

諸葛孔明顔負けの策略を巡らせて、

じわじわと仇を追い詰めていくストーリーです。

知らず知らずのうちに主人公・梅長蘇の思い描くシナリオにはまっていくストーリーがすごく面白いです。

加えて、旧友たちとの友情や信頼関係にも心を打たれます。

でも、このドラマはスロースターターなイメージです。

20話くらいに最初のクライマックスがくるのですが、

そこに向けてじわじわ面白くなっていく感じです。

それを超えたら、最終54話までノンストップです。

このドラマも是非観てほしい^^ 

3位 駆け抜けろ1996

1996年の中国の高校3年生(18歳設定)を描いた青春ドラマです。

正直華やかさはないですし(登場人物ほとんどジャージですし)、

美男美女が出てくるわけでもないですし、

続きが気になって気になって止まらなくなる!という感じでもないですが、

筆者はとてもとてもとても好きな作品です。

主人公たちが自分の置かれた境遇で精いっぱい生きている姿や、

友達や家族、地域の絆に心を打たれます。

感動するし、笑えるし、切なくなるし、

ほんとうに大好きな作品なので、

中国ドラマ好きにはぜひ見てほしい作品です。

また、全24話で中国ドラマとしては短い方かなと思いますので、

とっつきやすいのではないでしょうか。

 

面白かった!おすすめドラマ一覧

中国宮廷ドラマで女の闘いを観たい方におすすめの3作品

1位 宮廷の諍い女

清の第5代皇帝 雍正帝後宮が舞台のドラマ。

長いんですけど、本当に面白いです。

中華圏では、「神劇」と呼ばれたほどヒットしたそうです。

いや、わかります。だって面白いですもん。

皇帝の寵愛を受けるようになった主人公が

他の妃たちに足を引っ張られたり嫌がらせをされるも、

機転を利かせてそれらをはねのけていくという

鉄板のストーリーが主軸ですが、

敵味方が入れ替わったり、先の読めない展開が本当に面白いです。

一気見必至のドラマです。

 

2位 ミーユエ

秦の始皇帝の高祖母をモデルとした主人公「ミーユエ」の生涯を描いたドラマです。

紀元前のお話です。

このドラマは80話超えでめちゃくちゃ長いのですが、

面白いので結構サクサク見進められます。

「ミーユエ」強いです。殺されても死なないしぶとさを持っています。

 

3位 瓔珞

清の第6代皇帝 乾隆帝後宮が舞台のお話です。

鉄板の宮廷時代劇と言う感じではありますが、

主人公 瓔珞が良い人すぎないというところが面白いポイントかと思います。

いろいろ割り切っていて、強い女性です。

ドラマの中で何度もスカッとさせられます。笑

全く同じ時代の後宮を描いた「如懿伝」という作品があり、

この作品も面白いのですが、瓔珞に比べると少し地味でまったりした感じなので、

筆者としては瓔珞の方が見やすいかなと思いました。

ロマンスにうっとり&ハラハラドキドキしたい方におすすめの4作品

1位 宮廷女官 若曦

現代人が清の第4代皇帝 康熙帝の時代にタイムスリップするというファンタジー(?)歴史劇。

康熙帝の皇子たちと出会って恋に落ちたり友情をはぐくんだり。

ブコメかと思いきや、

権力闘争が激化する皇子達のあいだでとまどったり、

涙を誘うシーンもあったり、

すごく面白いドラマです。

2位 女医 明妃伝

明の時代に活躍した女医さんが主人公の歴史劇。

明の皇帝 祁鎮(正統帝)とヒロイン譚允賢の、

深く思い合っていそうだけど、つかず離れずの関係が

もどかしいではありますがなんかいいです。

ストーリーも結構面白くて、筆者としてはとても好きな作品です。

ちなみに、ドラマはほぼフィクションですが、

正統帝がオイラトの捕虜になってしまうというのは史実だそうです。

皇帝が捕虜になるって…長い歴史の中ではそんな稀有なこともあるもんですね。

3位 永遠の桃花

完全ファンタジーの世界のドラマです。

設定に「?」と思うこともありますが、

しっかり面白いドラマです。

何よりヤン・ミー可愛すぎる。笑

4位 楚喬伝

身分の低い女剣士と貴族階級男子のラブロマンス歴史劇かと思いきや、

途中衝撃的な事件が起きて物語が一変。

ハラハラドキドキの一気見必至の展開になっていきます。

ヒロイン楚喬の芯の通ったキャラクター、

ヒロインに心を寄せる二人の対照的な男子の一途な恋心、

良いです^^

 

三国志を観たい方におすすめの作品

三国志(Three Kingdoms)

三国志の英雄たち大集結!

三国志好きな方にはおすすめのドラマです。

でもやっぱり時代なのでしょうか、劉備のキャラが全然魅力的じゃないのは。笑

 

全95話とすごく長いドラマです。

筆者としては、1話~73話くらいまでが面白かったですかね。

73話以降は観ているとちょっと悲しくなっていきます。

それでも長いと思う方は1話~57話くらいまででも良いかもです。

 

その他・番外編

シリアスな社会派作品を観たい方におすすめの作品

悪との距離(台湾)

歴史劇やラブロマンス意外の作品にも触れてみたいという方にお勧めのドラマ。

無差別殺人を起こした犯人の家族と、一方の被害者遺族にそれぞれ焦点をあてて描いたドラマです。 

 勧善懲悪で片づけられない複雑なテーマを丁寧に描いた作品です。

全10話と短いので、内容は重いですが、入りやすいドラマかと思います。

 

三国志の結末にモヤモヤする人におすすめのドラマ

三国志(The Secret of Three Kingdoms)

三国志の設定を大胆に創作したドラマ。

いや、これを三国志と言ってよいかわかりません。

何故なら、劉備関羽張飛諸葛孔明孫権周瑜も出てきませんから。

 

でも、三国志の結末、

「魏の臣下だった司馬氏が中国を再統一し、晋という国を建てましたとさ」

にモヤモヤする人にはおすすめのドラマです。

 

だってこのドラマでは、司馬懿がめちゃくちゃかっこよく描かれているから。

ストーリーとしてももちろん面白いですが、

三国志にモヤモヤしていた筆者としては、観終わったあとなんかスッキリしました。笑 

 

 

以上、筆者がおすすめする中国・台湾ドラマをご紹介しました。

基本的に完走できた作品はどれも面白い要素があるので、

今回あげた作品意外にも面白かった作品や、

筆者が個人的にドハマリしてしまった作品が他にもたくさんあるのですが、

いろんな方におすすめできる作品に絞ってピックアップしてみました。

 

 

【韓流】キム課長とソ理事

キム課長とソ理事【★★★★★】

このドラマめちゃくちゃ面白かったです!

超おすすめです。

 

天才的な経理スキルをもち、

そのスキルを活かしてヤクザの経理を担当していた

キム課長(ナムグン・ミン演)が、

横領を目的に大企業の経理部の課長に転職するのですが、

当初の目的とは裏腹に、

巨大企業の不正会計を暴いていかざるを得なくなり、

なんか良い人になっていってしまうっていうお話です。笑

 

ロマンス要素とかはないですが、

笑えて、感心して、スカッとして、ほっこりする、

なんかそんな感じのドラマです。

 

「キム課長とソ理事」の「ソ理事」の方は

ジュノが演じているのですが、

ナムグン・ミンとジュノの掛け合いも

結構見どころだったりします。

冷血漢で極悪非道な感じの「ソ理事」が、

「キム課長」と絡むことでキャラ崩壊していく様とか、

ちょっと笑えます。

 

正直、キャストは全体的に地味かな~??

って思っていたのですが、

いやいやいやいや、

全然面白かったです。

 

超おすすめの韓国ドラマです。

 

 

 

【華流】彼岸の花嫁

彼岸の花嫁【★★★★☆】

 全6話ととても短いドラマです。

若くして亡くなった男性があの世へ旅立つ前に、

生きている若い女性をと婚礼をあげさせるという

「冥婚」がテーマのお話です。

 ホラーとサスペンスとファンタジーとロマンスが入り混じった物語になっています。

(ホラー要素もサスペンス要素も結構薄いではありますが)

 

うん、まぁ、面白かったのですが、

やっぱり短すぎて、いろいろ不完全燃焼のところがある感じがします。

ドラマは長すぎると疲れますし、

短すぎると色々展開が速いし、あっけなく結論がでて

拍子抜けしてしまうんだなと思いました。

 

筆者はせっかちなので短いのが好きではあるのですが、

やっぱり長いお話を1.5倍速~2倍速くらいで観るのが

一番満足感がある気がします。

 

あ、個人的な趣向の話をしてすみません。。。

 

ちなみに、このドラマを筆者が見たきっかけは、

完全にキャストが理由です(^^;)>

結構好きな台湾の俳優さんウー・カンレン氏が出ています。

 

なので、クオリティは二の次で楽しもうと思ったのですが、

意外と設定も面白いですし、

ドラマの時代設定も筆者的にはすごくツボですし、

結構楽しめました。

 

このドラマは「The Ghost Bride」という小説が原作のようです。

マレーシア人の作家さんによるものだそうで、

小説は読んだことないのですが、

ドラマの舞台は1890年の「マラッカ」(現在のマレーシア西岸部にある都市)

となっています。

 

マラッカの市場の風景や、

登場人物たちが来ている衣装がノスタルジックな感じがして

すごく素敵なんです^^

 

マラッカは今は一つの都市ですが、

その昔(1400年頃から)マラッカ王国として栄え、

その後ポルトガルやオランダの領土になったり、

華僑が多かったりで、西洋の影響も中国の影響もうけ、

様々な文化が融合しているそうです。

2008年には世界遺産にも登録された都市とのことで、

一度行ってみたいなぁと思いました^^

(ドラマ関係ないですね。すみません)

 

あ、このドラマはNetflix作品なので、

Netflixで観ることができます^^

短いドラマなのでまずは観てみることをおすすめします。

 

ちなみに、最後続きがありそうな終わり方ですが、

どうなんでしょう。続編あるのかな~??

調べてみましたが、「ある」と言う確定情報は見つけられませんでした。

筆者的にはこの後がもっと面白くなりそうで気になります。

【華流】王女未央 感想

王女未央 【★★★★☆】

このドラマ、面白かったです。

結構前に観たドラマなので、

細かいことは忘れていたのですが、

「面白かったなぁ」ということは覚えていて、

最近2倍速+飛ばし飛ばしで見返しました^^

やっぱり面白かったです。

 

国を滅ぼされた王女が、

復讐のために「李未央」という名家の庶子に成りすまして

李家に潜り込むところから物語が始まります。

「王女未央」という作品名ですが、

ヒロインは実は未央じゃないんですよね。

なりすましです。

 

なんか設定がもうワクワクしますよね^^

 

何とか潜り込みに成功した未央ですが、

主に嫉妬が原因で何度も命の危機に直面します。

それがね、ハラハラドキドキで面白いんですよ。

 

バレる?ばれない?濡れ衣晴れる?晴れない?

のハラハラドキドキや、

親の仇とのロマンス、

信じていた人の裏切りなど、

楽しむポイント盛りだくさんです。

 

全54話とちょっと長いですが、

クライマックスがいくつかあるので、

テンポよく見ることができます。

 

 

 結構おすすめの中国ドラマかと思います。

 

video.unext.jp

【華流】駆け抜けろ1996 感想

駆け抜けろ1996【★★★★★】

このドラマ、めちゃくちゃ面白いです!

久々にすごく面白い!と思うドラマに出会いました。

超おすすめの中国ドラマです^^

https://www.cinemart.co.jp/dc/images/1996_top.jpg

 (画像引用元:https://www.cinemart.co.jp/dc/images/1996_top.jpg)

 

青春をテーマにしたドラマなのですが、

若者だけでなく、大人でも存分に楽しめる内容かと思います。

というかむしろ携帯もネットもさほど普及していない90年代に

青春時代を送っていた大人の方が楽しめるかもしれません。笑

 

筆者は、青春をテーマにしたドラマは、

なんかちょっと幼稚な感じがしてついていけず、

途中で観るのやめてしまうことが多いのですが、

このドラマはそんな筆者でも「面白い!」と思わせてくれ、

最後まで楽しませてくれたドラマです。

 

18歳の若者が主人公なので、

もちろん若者の視点で描かれてはいますが、

全然幼稚な感じがしないんですよね。

 

気取ったところや、奇をてらったところもなくて、

1996年の普通の高校生たち(もちろんそれぞれ個性は強いですが)を、

友達との信頼関係や家族愛、受験、恋、といったテーマで

普通に丁寧に描いているだけなのですが、

妙に惹きつけられる魅力があります。

 

それはたぶん登場人物たちが

自分のおかれた境遇の中で精いっぱい生きていて、

 いろんな困難にぶつかりながらも、

それを受け入れて乗り越えていく、

そんな誠実で素直な姿が描かれていて、

すごく好感がもてるからだと思います。

 

このドラマに出てくる登場人物は、

高校生も大人も、

みんな良い子、良い人たちです。

 

悪役になりそうな先生や親でも、

「嫌な奴」という一面からだけじゃなくて、

様々な角度から描かれていて、

当たり前っちゃ当たり前ですが、

なんだか気持ちがほっこりします。

 

それと、音楽がめっちゃ良いです。

郷愁を誘うようなメロディが、

一層物語に没入させてくれます。

 

でも最後はちょっと切ないです。

 

いや、でも納得の終わり方ではありますかね。

本当に本当に切ないですが…。

 

24話と中国ドラマにしては短い方なので、

ぜひ最後まで観てほしいです。

 

続きが気になる!とか、中毒性がある!とか、

ドハマリして一気見するような感じではないですが、

見ていてとても温かい気持ちになりますし、

1話1話丁寧に観て、

ドラマの世界観に浸っていたくなるような、

そんなドラマです。

 

ちなみに、このドラマには90年代の日本で流行った

「ちびまるこちゃん」や「ロングバケーション

東京ラブストーリー」なども話題に出てきます。

山口智子やキムタク、鈴木保奈美まで話題にのぼりますよ。

(このお三方、25年も前から第一線で活躍していて、

 今も活躍しているってすごいですよね)

そういった小ネタも日本人からすると面白いポイントになるかもしれません。

 

ほんと、このドラマは中国ドラマ好きはみんな観てほしい。笑

超おすすめのドラマです。